カテゴリー

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

道後温泉本館ラッピングアート準備中

2019.07.18

今日もあいにくの雨模様…
しかしそんな中でも 「営業を行いながら」
道後温泉本館の保存修理工事は
進んでおります!! 今日は風雨から保護する為の
「素屋根」にラッピングアートが
施されていました。
このラッピングアートには、
東側の入口を時空のゲートと捉え、
道後温泉を形作ってきた人々が
タイムスリップしているような
歴史絵巻がデザインされて
いるそうです。
7月19日には完成を記念して、
スペシャルライブも
行われるようです☆=
道後に来られた際には
ぜひご覧ください♪
当館10階の「展望ラウンジ」や
足湯のある「空の散歩道」からも
綺麗にご覧いただけます!!

190718_2

Page top

「 笑顔 」 ってどうすれば・・・

2019.07.17

image11

 

 

皆さんこんにちは。

料飲サービスマネジャーの栗原です。

上の写真は本日出勤した時に撮りました。

今、道後温泉本館はこんな風にお色直ししています。

こういうのもまた、歴史の一つとして風情がありますね~。

その中で、こちらを向いている笑顔の女性がいます。茶玻瑠のレストランスタッフです。

写真を撮っていたら、乱入してきました。しかも、「自分が写っている写真を使え」と・・・

リクエストに応え、その写真を採用しました。

彼女の『笑顔』を見てやってください。(何が楽しいんだか???)

 

ところで皆さん、「笑顔にしなさい」と言われて出来ますか?

私はできません。

今まで研修などで、具体的に笑顔をつくるトレーニングなども受けてきましたが

未だにできません。スタッフに具体的に教えてあげることも出来ません。

それじゃあ、どうしているか?

前回のブログでもありましたように、自身が楽しんでいます。

(自身が楽しんでいれば、相手も楽しくなるはず、と信じてます)

また、お客様に褒めて頂けるコツを教え、実行させています。

(褒めてもらえれば、誰だって嬉しいですよね)

お客様とどう接すれば楽しんで頂けるか?

スタッフとどう楽しく接するか?

立場的にスタッフにきついことも言う時がありますが、

基本、スタッフとはバカやってギャーギャーやってます。

そういうことで、顔の筋肉に笑う(笑顔)表情のトレーニングをしているつもりです。

言ってることややり方としては、理解して頂けないかもしれませんが、

つくられた笑顔より、自然な笑顔の方が人の心は動きますよね。(言うのは簡単なんですが)

そういうスタッフが沢山いるホテルにしたいと思います。

そうなれば、お客様も笑顔で過ごして頂ける、

最高のホテルになるのでは・・・    栗原でした。

 

 

 

 

 

 

 

Page top

あぶらとり紙

2019.07.16

皆様こんにちは。レストランサービスの野本です。
もう梅雨があけ、夏がきますね。
今回は茶玻瑠セレクトでしか買えない、そんな時にピッタリの商品の紹介です。

あぶらとり紙です。

しかも、みかんの香りがして、使うとリラックスまで出来てしまうのです。

特に女性の方は興味が湧いてきませんか!?

サンプルもご用意していますので、是非手に取ってみて下さい。

あぶら

Page top

想像の料理第5回 焼きアイスクリーム

2019.07.15

 

松山市にお住いの中高年の皆様こんにちは!

中高年料理長の塚原です。

今回も宜しくお付き合いお願いします。

4今日はアイスクリームの話をさせて頂きます。

ホテルのレストランや宴会場では、ひと口にアイスクリームといっても色々なスタイルで提供されてきましたが、その代表格はなんといっても燃えるアイスクリームでしょう。

一世を風靡した“ベークドアラスカ“をご存知の方もいらっしゃるとおもいます。

とくに宴会場での演出効果が高く非常に喜ばれます。

 

これは、成形したアイスクリームの表面にメレンゲでデコレーションされた氷菓を作っておいて、(100人の婚礼ならウエディングケーキの様なデコレーションになります)

それをお客様の目の前で、アルコール度数の高いリキュールを回し掛け、火をつけて燃やすというものです。宴会場やレストランのディナータイムで青白く輝きながら燃える炎はなんともロマンチックですね。

それから山の形にした“ベークドマウンテン“という氷菓もありました。

それに、ベニエ・アイスクリームといって、アイスクリームの天婦羅や、洋風のフリッターも登場しました。

2今、茶玻瑠3Fレストラン玻璃では、焼アイスクリームをタイムサービスでお出ししています。その名もカタラーナと言います。スペイン生まれの氷菓で、パテシエ自慢の夏デザートです。

このカタラーナを凍らせてアイスクリームのように仕立てておきます。

お出しする時に、お客様の目の前でバーナーの炎を当てて焼きアイスクリームを作ります。

一瞬熱くて、冷たくて美味しいですよ。

 

いずれのデザートも溶けるまでの一瞬が勝負!!

サービス側からお客様へ溶けちゃう!溶けちゃう!と言いながら美味しいものを届ける!これがなんとも醍醐味ですね

 

タイムサービスでは、これからも色々トライして参ります。

今日は凍ったデザートのお話でした。

ではまたお会いしましょう。

お相手は、中高年料理長の塚原俊二でした。

 

Page top

7月14日魚心作品集

2019.07.14

皆様こんにちは。

 

ご無沙汰しております、魚心の山本です。!!

前のブログでは愛知県のお店をご紹介しますたが今日は、魚心の最近のお刺身の盛り合わせを写真にてご紹介したいと思います。

 

image5

 

こちらは以前にありましたブライダルの時の舟盛りです。茶玻瑠ではブライダルもしております。コースも種類が多くありこの写真はビュッフェスタイルの刺身です。

 

 

image2

image6

 

image1

 

 

 

 

これらは花小路で私が実際に提供している刺身盛りです。

日々盛り付けを意識して美味しい魚をよりおいしくできる様頑張っています。ぜひ花小路にてこれらの刺身盛りを堪能してみてください。

 

花小路にはカウンター席も用意しており、宿泊のお客様・食事だけの方でも大歓迎です。ぜひご予約のお電話お待ちしております。 そのときは魚心が接客させて頂きますのでぜひお越しください。

 

image3

 

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ