カテゴリー

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • ワンちゃん専門ホテル
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

出合のいもたき(~10/14)

2017.09.01

 

開催期間:2017年9月8日~2017年10月14日
開催場所:松山市出合町地先河川敷
お問い合わせ先:松山いも炊き事務所
交通アクセス・詳しくはこちら

 

松山の秋の風物詩、出合のいも炊きが今年も始まりました。

 

河川敷で月を肴に秋の味覚の里いもを炊いて味わう行事です。
重信川に架かる出合橋の下の河川敷会場では、約30年間にわたり続けられています。
海産物からとられたダシはそれだけでも充分美味なあっさり味で、食材には12種類の食材が使用されている。
中でも最大の特徴は、河口の今出港で獲れた名産のタコが使用されていること。
毎年多くの人で賑わい、秋の夜長に人々がいもたきの鍋を囲む光景は愛媛県の秋の風物詩となっています。

Page top

大洲のうかい

2017.08.24

大洲のうかい

 

大洲のうかい
開催期間:2017年6月1日(木)~ 9月20日(水)【期間中は毎日運航】
開催場所:大洲まちの駅「あさもや」にて受付
お問い合わせ先:大洲観光総合案内所
交通アクセス・詳しくはこちら

 

かがり火の中、鵜匠が数羽の鵜を見事な手綱さばきで操り鮎を獲る様子を、間近で見られるのが大洲鵜飼いの醍醐味です。

 

2010年からは日曜日の「昼うかい」も始まり、より多くの方に親しんでいただけるようになりました。
鵜飼いは9月20日までの開催期間中の毎日行われ、水郷大洲の情緒と船上で川魚料理を楽しめます。

Page top

愛顔 えがおつなぐえひめ国体・えひめ大会開催記念」 東温市民花火 観月祭2017

2017.08.17

東温市横河原 観月祭

 

愛顔 えがおつなぐえひめ国体・えひめ大会開催記念」 東温市民花火 観月祭2017

開催期間:2017年8月26日(土)※雨天の場合は8月27日(日)
     18:00 ~ 20:55
     花火は20:20 ~ 20:50

開催場所:東温市重信川河川敷西岸(横河原遊園地)

主催:観月祭実行委員会

交通アクセス・詳しくはこちら

 

毎年、重信川の河原で行われる観月祭で、

約5,000発の花火が打ち上げられ、200軒の夜店が立ち並びます。

 

会場では花火の打ち上げに先がけて「月見踊り」も楽しめ、
観月祭の模様をフレームに収めるフォトコンテストも同時開催です。

 

自然豊かな河川敷で見る夏休み最後の花火は、きっと思い出に残りますよ。

Page top

ヨシュアブルー展

2017.08.17

こんにちは(^-^)道後温泉 茶玻瑠です。

現在茶玻瑠のロビーでは、全国的に注目を集めている砥部焼の窯元「ヨシュア工房」さんの作品展を開催しています。
ヨシュア工房のヨシュアとは、旧約聖書の「ヨシュア記」に出てくる人物です。
十戒で有名な、あの紅海を分けたモーセの後を引き継いだリーダー的人物で、代表の竹西さんは、このヨシュアのごとく新しい地に踏み出すことをいつも心にとめて作陶に励まれているそうです。
「ヨシュアブルー」と銘打った、深い青色の作品は地元愛媛だけの人気にとどまらず、全国的に名を知られています。その一つのきっかけとなったのがTBSドラマ「リバース」に作品が登場したことです。

劇中に出てきたヨシュア工房さんのマグカップはTBS公式通販サイトでも売り切れるほどの人気商品となりました。
茶玻瑠ではこの人気マグカップを8月20日以降、販売を予定しております。
その他にも使い勝手の良い、様々なサイズの食器や小物もございます。
10月31日までの展示販売となっておりますので、茶玻瑠へお越しの際はぜひご覧くださいませ。

スタッフ一同

Page top

第21回内子座文楽公演(~8/20)

2017.08.10
内子座

【イベント概要】


開催日程:平成29年8月19日(土曜日)・20日(日曜日)
開催時間:【午前の部】 10時00分開演/12時30分終演予定
     【午後の部】 14時00分開演/16時30分終演予定
     ※開演時間の30分前より開場いたします。
観覧料:7,000円~3,000円 ※席ランクにより異なる。全席指定/小学生未満入場不可
開催場所:愛媛県喜多郡内子町内子2102番地 内子座
交通アクセス・詳しくはこちら


愛媛県は、昔から淡路系の旅回り一座の影響で農民達による人形浄瑠璃が各地で盛んに行われており、地元ではデコ芝居といって親しまれていました。
現在でも文楽を上演している内子座の第17回公演が行われます。
今回の演目は◆六代豊竹呂太夫(現 豊竹英太夫)襲名披露口上、◆「芦屋道満大内鑑」~葛の葉子別れの段・蘭菊の乱れ。内子座で文楽の襲名披露口上が行われるのは初めてです。
お申込みはこちら

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ