カテゴリー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

想像の料理第14話  一言で表現できない旬

2019.12.01

鰹松山市にお住いの中高年のみなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

茶玻瑠中高年料理長の塚原俊二です。

今日は、食材の話です。

 

みなさん、旬という言葉をよく聞くとおもいます。

お客様のメニューを考える際、地域性や旬はとても重要な課題です。

その地域の食材を何種類揃えられるかでお客様の納得度まで想定できるほどです。

はたまた提供する側のレベルまで測れるほどです。

 

~ まず春の魚を例に ~

筆頭は鰹、初鰹ですよね。

まだまだ脂はのっていませんが何とも言えない香りと食感が食欲が増しますね。

長かった冬には無かったハツラツ感、春から初夏に向かう魚のパワフル感満載です。

特に刺身でいただくとその淡白さと鋭い香りが持ち味とでも言いましょうか?それが初鰹の味だと思います。

 

いっぽう、北の海でuターンして帰ってくるモドリ鰹が9月位からでしょうか?

10月まじかの茨城県沖などで獲れたモドリ鰹は、マグロと間違える様な色と味がします。非常に濃厚で熟成感は群を抜いています。

寿司ネタなど最高です。

この様に、魚の例ひとつとっても容姿やイメージ、味など考え合わせると、美味しさイコール旬の食材とは単純にいかないですね。

 

料理の歴史からみても、旬を制覇する考えもありますから、ますます人によって解釈が千差万別なんですね。

では、続きは次の機会に。

 

それではまたお会いしましょう。

今日のお相手は、茶玻瑠中高年料理長の塚原俊二でした。

Page top

広田じねんじょまつり

2019.11.30

広田じねんじょまつり

広田じねんじょまつり


開催期間 2019年12月1日
開催場所 道の駅ひろた「峡の館」


交通アクセス・詳しくはこちら


砥部町の特産品「自然薯」の販売や、自然薯の目方当てクイズ、「とろろかけそば」「麦とろごはん」等、自然薯料理の販売も行われる。

Page top

見るだけでも「狩り」

2019.11.28

こんにちは。

調理マネージャーの石田謙治です。

 

先日、紅葉を見に行きました。

寒くなってきたけど、寒くなりきらない今がベストタイミングだろうと。

つまり紅葉狩りですね。

 

前日から目的地を探していたんですがなかなか決めれず。。。

えひめも山が多いので紅葉スポットはたくさんあるんです。

南の宇和島の方、東の西条のほうと。

 

迷った結果、当日に松山城に行くように決めました。

 

 

 

 

 

このブログにも何回も登場している松山城。

天守の手前におおきなもみじがありました。

IMG_2819

 

 

しかしまだ完全には色づいていません。

緑とのグラデーションもきれいですけどね。

 

そこで少し下ったところにある二の丸庭園にもいきました。

 

ここではきれいな紅葉をみることができました。

 

 

この季節にしか味わえない事をかんじられるのは、ある意味贅沢ですね。

 

 

 

 

茶玻瑠の玻璃テラスには残念ながら紅葉を見ることはできません。

 

しかし、隣にある茶玻瑠離れ夢蔵にはあるのでよかったら眺めていってください。

 

秋の終わりを感じましょう。

 

IMG_2846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page top

パートナー

2019.11.27

image4

 

こんばんは。

料飲サービスマネジャーの栗原です。

まもなくで師走をむかえます。

皆様バタバタとお忙しくなってきているのでは、と思います。

私共もクリスマス、年末年始の準備などで忙しくなってきました。

 

さて、今回は自身の奥さんのお話しを少々。

何故今回、このお話になったかと言うと

11月23日にブライダルがおこなわれました。

今回のブライダルも、とても新郎新婦様が楽しんでおられ、とても良いブライダルでした。

当日お世話をさせて頂く中で、ふと「夫婦ってなんだろう」と思ったんです。

私には25年、連れ添っている奥さんがいます。

お付き合いして8年、結婚をして17年。長いようで短く感じています。

付き合っている頃から誕生日、クリスマス、お正月、特別なイベントはなしです。

仕事柄、、、って言えば奥さんには悪いんですけど。

未だに栗原家のイベントは娘の誕生日会ぐらいです。

そんな時間を共に過ごしてきた奥さんですが、

主婦業に仕事、娘の学校行事や塾の送り迎え、休みの日には

娘を遊びに連れて行ったりと大忙しです。

私とは休みがあわないんで、、、

あと、手のかかる大きな子供(私です)の面倒もしっかりみてくれます。

世の男性(旦那)は「当たり前」と考えている人が多い?のでしょうか。

ホント、大変でタイトですよ。

感心だけではなくできる事はやるようにしていますが、、、

感謝の一言に尽きません。(奥さんには面ときって言えませんが)

 

奥さんを別の言葉で表現するなら『パートナー』です。

共に苦楽をわかちあえ、言葉無くともわかり合える相手。

家族があるから辛いことも辛抱できる、がんばれる。

家族があるから自分を大切にできる。前に向いて進める。

これが私の原動力です。

一緒に仕事をしているスタッフも『パートナー』です。

苦しい時は支え合い、楽しい時は一緒に喜び笑う、

常に前を向いて進んでいける仲間。

そんなチームを目指しています。

奥さんと違ってチームの場合は、誰か一人でも

パートナーになれなければ、チームとしては成り立たないことです。

正直とても難しいことではあると思いますが、トライしていきます。

それがスタッフ皆のためであると信じています。

 

今回はスタッフに暖房を消されて帰られたので心も体も寒い、、、

皆さん風邪などひかれませんようお気をつけ下さい。  栗原でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page top

~私達の力の源~

2019.11.25

スタッフブログをご覧の皆様、こんばんは~

レストランスタッフの細川です^^

 

 

 

 

 

この間、嬉しい出来事がありました!

お客様アンケートを頂きました「付き添ってもらえて本当に助かりました」

 

夕食時お食事スペースで、お子様が駆け回って遊んでいました。

お父様、お母様は食事が進んでいない様子で‥

私はその女の子に付き添い、

お話したり‥散歩したり‥光の色が変わる水槽を見たりして遊んでいました。

その間、少しでもお父様お母様がお食事できたり、お子様が楽しんでくれればと思っていました。

最後は、その女の子が私の姿を探してくれていたみたいで、嬉しく思いました。

 

 

 

当たり前の出来事なのかもしれません。

でも、一人っ子で子供を持っていない私は、お子様と過ごす時間手探りで自信はありません。

このアンケートを翌日頂いて、少し自信が持てるようになりました。

 

お子様への接し方が一歩前へ近づいたのは、今いるレストランスタッフから刺激をもらったからです!

近づいてみないと、分からないことがあります…

 

 

 

こちらの写真はパティシエさんが用意したお子様への特別デザートプレート!

喜んでもらえることが、私たちの力、サービス向上に繋がっています^^

 

パンダ

 

 

 

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ