カテゴリー

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

鍋焼きうどん

2019.09.25

こんばんわ。

 

 

 

玻璃サービススタッフの片岡です。

 

 

風や空がだんだん秋になってきましたね。

 

昨日も半袖では少し肌寒いと感じてしまいました。

 

 

 

 

季節の変わり目に入る時期ですから、十分に体調管理に気をつけていきたいですね。

 

 

 

今回、ご紹介するのは鍋焼きうどんです。

 

 

 

 

 

あさひとコトリと言うお店が松山市内にあります。

とても有名になっていますよね。

 

戦後間もない1947年(昭和22年)に創業し。

 

庶民が甘い物に飢えていた頃、現在の主の曽祖父が鍋焼きうどんを始めました。

 

具は、ネギ、油揚げ、かまぼこ、ちくわ、甘く煮た牛肉です。

 

 

二軒の間には、昔お湯屋がありお風呂上りに食べるのが習慣だったみたいです。

 

 

今は、お湯屋が無くなり二軒のうどん屋だけが残っています。

 

 

二軒ともとても近い距離なので、食べ比べもできます。

 

店内もレトロな感じで、老舗を感じる事ができます。

 

 

 

アサヒは甘目の味つけで、コトリはあっさりな味付けみたいです。

僕はコトリに行った事がないので、今度行ってみたいなぁと思います。

 

 

 

他県の方に感想をお伺いすると、不思議な味。

との事。(笑)

 

 

他県ではあまりなじみのない味なのかもしれませんね。

 

 

 

 

是非、愛媛・松山にいらした際食べてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

鍋焼きうどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page top

秋ですな。

2019.09.24

皆さん。どうもこんにちは。ホテル茶玻瑠3F”玻璃”の堀本ですー。

 

 

皆さんは秋と言えば何をお考えになりますでしょうか。。。

様々ありますよね。

食べ物でしたり、着るもの、風景・気候いろいろあると思います。

 

私はお祭りで秋を感じるタイプです。

私の育った所は富山県氷見市という所でございまして、日本海に面した地域の出でございます。

富山県は日本有数の”獅子舞”の盛んな地域であります。

そんな所で育ったものですから9月の中旬が来ると、どこにいても秋を感じます。夏が終わった感とも言いますね。

 

その写真がコチラ。

 

image893893893

初めての方にはよくわからない写真ですが。。。

まぁ見てるだけでも楽しいお祭りですよ。

 

ちなみにこの氷見市は海岸沿いの町なのでツーリング最高。ライダーの方は一回行くべきです。気持ちが良い。景色が良い。道はそんなによくないですが。。。ご愛嬌。

 

 

一方松山は、10月5日~7日まで秋祭りがありますので、この時期に松山に来る方は是非行ってみてくださいまし。

屈強な男性方が闘志むき出しになるお祭りだと聞いております。

 

 

是非行ってみては!!

 

またお会いしましょう。堀本でしたー。

 

Page top

日没する時間

2019.09.23

こんにちは。

調理マネージャーの石田謙治です。

 

 

今日は秋分の日ですね。

 

一般的には昼と夜が同じ長さになると言われています。

とはいっても実際はまだ昼の方が7分程長いみたいですよ。

それでもこれからどんどん日没が早くなるんですね。

 

 

綺麗な夕陽を見られる時刻も早くなっています。

気がついた時にはもう真っ暗になっている日も。

日中の用事があるときは早めに済ませたいものです。

 

 

私もつい先日「日本一夕日の美しいスポット」と看板があるところを訪れました。

いまは「日本一」が全国各地にあるのでおかしなことですがその一つです。

 

その場所を目的にして移動していたわけではなかったのですが、

先の看板に興味をひかれ写真を一枚。

 

IMG_2075

 

 

ここは瀬戸大橋の途中にある与島パーキングエリアです。

 

 

愛媛に住んでい自分にとって本州四国連絡橋と言えばしまなみ海道です。

瀬戸大橋を通ることはめったになく、すごく新鮮な気分でした。

 

 

いつもと違い見慣れない場所だからこそ記憶に残ったんだろうなと思います。

 

 

 

 

非日常で楽しい思いができる。

茶玻瑠もそういった場所にしてお客様に特別感をかんじてほしいです。

 

 

 

 

それにしても上の写真は夕日というには少し早すぎました。

 

こっちのほうが夕日感はあるかな。

茶玻瑠裏の従業員通路から撮ったものです。

 

IMG_2087

 

 

 

Page top

想像の料理第8話 ”ポークカツレツ”という料理

2019.09.22

松山にお住いの温泉好き中高年の皆さん、こんにちは。

中高年料理長の塚原俊二です。

毎日のお食事は楽しまれていますか? 男子厨房にどんどん入りましょう。若い頃食べたあの料理

d9028a76700d22f105c97b67cb2e67dc最近あの手の味がめっきりなくなってしまったなあ。とか、たまには食べたいなあなど。

懐かしいなあとか。

今日は“豚肉のカツレツ”の話です。

 

ところでポークカツレツとはなんぞや?

豚カツとポークカツどこがどう違う?

こんな風に考える中高年の方々多いのではないでしょうか?

 

まずは豚カツの専門店が昔は多くありまして、結構贅沢な御馳走でした。これはパン粉付けされた豚肉を専用の深い油でカリッと揚げて、余熱を計算にいれながら、間一髪のタイミングで包丁5等分くらいに切り分け、熱々を皿にもります。

もちろんキャベツの細切りが山のように盛られて出来上がりです。

辛子をそえ、その店の特製トンカツソースでいただくことが多かったですね。

 

もう一方のポークカツレツ、これは何者かというと、洋食屋もしくは、西洋料理店の料理で、やや薄目に切った肉を使用。

パン粉付けするまではさしたる違いはないのですが、注目するのはやや多めの油で揚げ焼きにするということ。

それと丁寧に仕込んだトマトソースが付いて決まり!!

ご飯でも、パンでもよくあいます。

添え物は人参のグラッセやボイルドポテトなど、おもに温野菜が添えられますね。

ナイフとフォークでお召し上がりいただくことが多かったですね。

アルコールを飲まれる方は冷やした白ワインがとてもよく合いますから、夜の食事にうってつけです。やはり男の料理ですから、お休みの日に奥様のためにぜひ手間暇かけて仕込んでみてください。喜ばれることうけあいです。

 

今日のお相手は、茶玻瑠中高年料理長の塚原俊二でした。

Page top

砥部焼き

2019.09.21

皆様こんにちは。レストランサービスの野本です。

また台風が来ていますが、皆様心配ですね!?

現在セレクトショップの前のロビーの一画では、砥部焼きを展示販売しています。

砥部焼(とべやき)は、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器で、愛媛県指定無形文化財です。
やや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴です。

ご来館の際は是非手にとってご覧下さい。

砥部焼

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ