カテゴリー

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠ブログ CHAHARU Weblog

宝厳寺

2016.12.02

 1

 

一遍上人について色々お話をいただきました(^ ^)


時宗開祖の一遍上人は、伊予国(現在の愛媛県)道後に、地元の豪族・河野通広の子として生まれました。
一遍上人は、出家し、愛媛の窪寺で約三年にわたる修行を重ね、阿弥陀仏のさとりと衆生の救済とは同時のものであり、

これを可能にするのは「南無阿弥陀佛」の名号であることをさとりました。

 

そして近くの岩屋寺にこもり、さらに念仏修行の日々を送りました。

それから、伊予を離れた一遍上人は、天王寺、高野山と歴訪をつづけながら、

一般の人々に念仏を説きすすめてまわったそうです。

 

32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以後、一遍上人は過度の衣・食・住、郷里、家族などすべてを捨てて、遊行生活を送ることになります。

「捨聖(すてひじり)」また「遊行上人」と呼ばれた由縁です。
一遍上人は独自の実践で、小さな紙片に「南無阿弥陀佛決定往生六十万人」と記した札を配り歩く

“賦算(ふさん)”というものを続けました。

 

やがて、四国・九州・瀬戸内・京都・信濃と遊行して歩き、そうしているうちに一遍上人を慕う人々が

あとにぞろぞろと続くようになりました。この人たちを“時衆(じしゅう)”と呼んでいました。

“賦算”に“踊り念仏”がプラスされて、一遍上人独自の布教スタイルが完成され、人気も高まったということです。

 

 

45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年、落成した宝厳寺。庭にあるイチョウの大木です。

火事でイチョウの木の半分はなくなりましたが、宝厳寺の山門は、この二本のイチョウの木に火事から守られました。
今年葉をたくさんつけ綺麗に色づき元のような姿になりました(^ ^)

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

茶玻瑠へのお問い合わせはこちら

089-945-1321 受付時間  9:00~18:00 メールからはこちら