• 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU スタッフブログ CHAHARU Stafflog

楽器別演奏者の性格? オーボエ編

2019.07.03

こんにちは、スーパーバイザーの川尻です。

久々の楽器編、演奏者の性格ですが、今回はとても繊細なイメージのある木管楽器「オーボエ」を、ピックアップしました。

 

おなじみThe orchestraのページからお借りしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たいていのオーボエ奏者は楽器を吹いて練習する時間よりも、リードを削る時間の方が長く、0.1㎜の世界に勝負をかけて削るのである。そのため本人の資質とは無関係に必然的に繊細で神経質になりやすい。またオーボエは少ない息で音を出すため、長いパッセージを演奏することは非常に苦しい。オーボエ奏者に神経質、自己中心的な人が多いのはうなずける。反面、基本的に目立ちたがり屋なので,先頭に立って歩きたがる傾向にある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど~。

 

金管、木管、どちらの楽器も同じですが、いくら息を吹き込んでも、バルブ(写真②)を押しても音は鳴りません。 
楽器自体は音が鳴るようには作られていないのです。

金管楽器(トランペットなど)は、演奏者の唇を震わせて音にしますが。木管は、小さくて薄い「リード」(写真①)という竹の(振動版とでもいいましょうか)道具を息で震わせて音にします。 音色は優雅で繊細、心打たれるソロの場面では、オーケストラの中で地味な場所にいる(写真③)この楽器が、会場全体を包み込んでしまします。
ぜひ、オーボエのソロを聴いてみませんか?

 

この7月には、NHK交響楽団の演奏会が松山でも開催されます。 素敵な音楽を楽しんだ後は、ぜひ道後まで足を延ばして温泉は如何でしょうか?

 

補足情報です!
オーボエのリードは、自分に合ったリードを、さらにメンテナンスしなければならず、とてつもなく細かい作業と、敏感な感性が要求されます。写真① ②

             ①
オーボエ
             ②

オーボエ2

 

              ③

配置図

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

茶玻瑠へのお問い合わせはこちら

089-945-1321 受付時間  9:00~18:00 メールからはこちら