• 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

想像の料理第8話 ”ポークカツレツ”という料理

2019.09.22

松山にお住いの温泉好き中高年の皆さん、こんにちは。

中高年料理長の塚原俊二です。

毎日のお食事は楽しまれていますか? 男子厨房にどんどん入りましょう。若い頃食べたあの料理

d9028a76700d22f105c97b67cb2e67dc最近あの手の味がめっきりなくなってしまったなあ。とか、たまには食べたいなあなど。

懐かしいなあとか。

今日は“豚肉のカツレツ”の話です。

 

ところでポークカツレツとはなんぞや?

豚カツとポークカツどこがどう違う?

こんな風に考える中高年の方々多いのではないでしょうか?

 

まずは豚カツの専門店が昔は多くありまして、結構贅沢な御馳走でした。これはパン粉付けされた豚肉を専用の深い油でカリッと揚げて、余熱を計算にいれながら、間一髪のタイミングで包丁5等分くらいに切り分け、熱々を皿にもります。

もちろんキャベツの細切りが山のように盛られて出来上がりです。

辛子をそえ、その店の特製トンカツソースでいただくことが多かったですね。

 

もう一方のポークカツレツ、これは何者かというと、洋食屋もしくは、西洋料理店の料理で、やや薄目に切った肉を使用。

パン粉付けするまではさしたる違いはないのですが、注目するのはやや多めの油で揚げ焼きにするということ。

それと丁寧に仕込んだトマトソースが付いて決まり!!

ご飯でも、パンでもよくあいます。

添え物は人参のグラッセやボイルドポテトなど、おもに温野菜が添えられますね。

ナイフとフォークでお召し上がりいただくことが多かったですね。

アルコールを飲まれる方は冷やした白ワインがとてもよく合いますから、夜の食事にうってつけです。やはり男の料理ですから、お休みの日に奥様のためにぜひ手間暇かけて仕込んでみてください。喜ばれることうけあいです。

 

今日のお相手は、茶玻瑠中高年料理長の塚原俊二でした。

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ