• 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

生涯ホテルマンです

2019.08.04

image1

 

 

皆さん、こんにちは。

料飲サービスマネジャーの栗原です。

ブログのご挨拶も「暑いですねー」が定番になる今日この頃です。

自宅のベランダから外を見たら、写真のような光景でした。

雲にも「表情というものがあるんだなー」と感じる一枚です。

夏が「雲」と「太陽光」で感じ取ることができます。

 

人間も同様に、「表情」や「しぐさ」などで感情を読み取ることがあります。

昔、あるスタッフに聞かれたことがあります。

「マネジャーは何故この仕事を続けているのですか?」

そんなこと、考えたことなかったです。「何故だろう?」

スタッフとのミーティングや、勉強会でよく「心理」や「表情」について話しています。

以前お話したように、私共の仕事と言われるものは、誰でもできそうに見えるんです。

では、「さすが」と言われる部分が何か?

お客様が言葉を発しなくとも、ちょっとした会話や表情で、感情や心理を読みとることだと考えます。

そこに+アクションです。「何をしてあげれば?」「どういう言葉をかければ?」で

身体が動けるようになれば「さすが○○○」と感動して頂けるのでは、と思います。

ベストなサービス、「さすが」と言って頂けるサービスは・・・

一言でいえば『 かゆいところに手がとどく 』サービスという風に表現しています。

先ずは「かゆいところを察することができる観察力」、次に「かゆいところをかいてあげれる知識」

が私共に必要とされているのではなかろうかと思います。

逆をいえば、かゆくないところをかいてあげても喜ばれませんし迷惑ですよね。

 

話し戻りますが未だにこの仕事(ホテルマン)を続けているのは、

人(お客様やスタッフ)を観察して行動をおこす⇒お客様に喜んで頂ける、スタッフが成長する、

そういう場面で自身に喜びを感じることができるから・・・これが理由なのかもしれません。

 

ここまできたからには、この先もホテルマンで全うしたいですよね。

大きな事はできませんが、今後もお客様に喜んで頂けるよう、スタッフと共に考えて、努力して

残りのホテルマン人生を悔いのないように努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ