• 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠からのお知らせ CHAHARU Information

楽器別演奏者の性格? オーボエ編

2019.07.03

こんにちは、スーパーバイザーの川尻です。

久々の楽器編、演奏者の性格ですが、今回はとても繊細なイメージのある木管楽器「オーボエ」を、ピックアップしました。

 

おなじみThe orchestraのページからお借りしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たいていのオーボエ奏者は楽器を吹いて練習する時間よりも、リードを削る時間の方が長く、0.1㎜の世界に勝負をかけて削るのである。そのため本人の資質とは無関係に必然的に繊細で神経質になりやすい。またオーボエは少ない息で音を出すため、長いパッセージを演奏することは非常に苦しい。オーボエ奏者に神経質、自己中心的な人が多いのはうなずける。反面、基本的に目立ちたがり屋なので,先頭に立って歩きたがる傾向にある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど~。

 

金管、木管、どちらの楽器も同じですが、いくら息を吹き込んでも、バルブ(写真②)を押しても音は鳴りません。 
楽器自体は音が鳴るようには作られていないのです。

金管楽器(トランペットなど)は、演奏者の唇を震わせて音にしますが。木管は、小さくて薄い「リード」(写真①)という竹の(振動版とでもいいましょうか)道具を息で震わせて音にします。 音色は優雅で繊細、心打たれるソロの場面では、オーケストラの中で地味な場所にいる(写真③)この楽器が、会場全体を包み込んでしまします。
ぜひ、オーボエのソロを聴いてみませんか?

 

この7月には、NHK交響楽団の演奏会が松山でも開催されます。 素敵な音楽を楽しんだ後は、ぜひ道後まで足を延ばして温泉は如何でしょうか?

 

補足情報です!
オーボエのリードは、自分に合ったリードを、さらにメンテナンスしなければならず、とてつもなく細かい作業と、敏感な感性が要求されます。写真① ②

             ①
オーボエ
             ②

オーボエ2

 

              ③

配置図

Page top

今に伝わる名作記念碑

2019.07.03

 こんにちは、和食厨房スタッフ泉です。

 

じめじめと長い長い雨雲が西日本を中心に居座っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

一部地域では避難勧告まで発令されたとか…なかなかの大事になっております。

 

該当する地域の方は是非とも気を付けてお過ごしください…

 

さてと本日の本題なのですが。いつも通っている道にある石碑について書いていこうかと思います。

 

65413

はい、こちらの石碑になります。愛媛の作家と言えば?そう夏目漱石です。まぁ愛媛に住んでいたのはほんの数年だったらしいですが。

愛媛に住んでいる時に書き上げ、有名になったのがこちらの『坊ちゃん』になります。

この石碑自体は今から数年前に100周年を迎えた際、記念として建てられたそうです。

『坊ちゃん』の冒頭が書かれており、原稿用紙に書いてあったそのままを再現しているそうで。

ちょっと奥のベンチに座ってみていると、けっこうな数の観光客が写真に収めていっていました。

道後ゆかりという事で、道後温泉本館の東側に建てられています。

せっかくなので少しアップに・・・!

96541

けっこう表面が綺麗で、私が映らないようにとるのがちょっと大変でした…

他にも沢山の書籍を出してきた夏目漱石…『吾輩は猫である』『こころ』なども有名ですよね!

読者として、聖地巡礼をしてみませんか??近くの商店街にもゆかりのお店がありますよ!

そしてその際は是非、アクセスしやすいこの茶玻瑠にお泊まり下さい!!

スタッフ一同心よりお待ちしています…!

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ