カテゴリー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 道後温泉 新・おもてなしサービス 以心伝心
  • Wi-Fi PC/スマートフォン快適にご利用可能

道後温泉 CHAHARU スタッフブログ CHAHARU Stafflog

  • Home > スタッフブログ

私の趣味

2018.12.24

こんにちは。玻璃サービススタッフの榊原葉月です。皆様平成最後のクリスマス、いかがお過ごしでしょうか?

私の趣味は、食べ歩きです。休みの日に気になったお店に行ったりしています。

私が今回載せる写真は、今まで行ったラーメン屋のなかで一番美味しかったお店をご紹介いたします。

お店の名前は、「麺や新倉」の醤油ラーメンです。スープはあっさりしていますが、とても深みのある味になっています。

 

こちらは、つけ麺も人気なので是非召し上がってください。

ラーメン

 

Page top

進化し続けるウエディング・ケーキの世界

2018.12.23

 

 こんにちわ、調理の塚原俊二です。

今回は、今年の婚礼披露宴で出されたウエディング・ケーキの紹介です。

その中でも、オリジナル一点物のMVPケーキが下の写真です。

kake 1 kake 2 kake 3

 おめでたい行事に欠かせない日本伝統の鏡開きを応用した作品です。

簡単に説明しますと、チョコレート細工の酒樽を”ヨイショー”でたたき割るとウエディングケーキが出てくるというものです。

  それは、皆が子供の頃夢見たケーキそのものです。

さて、茶玻瑠自慢のパティシエが写真の濱田さんです。パティシェシェフ代行で頑張っています。

 それと、どうです見てください。

可愛らしいデザインのくせに、細部まで徹底的に造り込まれている技術と発想のすばらしさ。

私も数十年間いろいろなオリジナル見てきましたが、この発想には脱帽です。

 披露宴当日は、全員が自分の仕事に没頭しますので、案外他の人の仕事は見ることが少ないのです。

そんなわけで、皆さんに仕事を見て頂きました。

 それから、濱田さんには更なる前進と、新しい発想にゴシゴシと磨きがかかるよう期待します。

どうかパティシエ濱田の応援をよろしくお願いします。

 それでは、このブログをご覧になっている皆さん Happy Christmas !!

Page top

シャンパンの季節 シャンパン周辺のお話こもごも・・・。

2018.12.22

320x320_square_49864956

Champagne etc

おはようございます。  スーパーバイザーの川尻です。  いよいよクリスマスですね! もうクリスマスのディナーのお席を予約された皆様も多いと思います。 今回は、その大切な方とのひと時を盛り上げるためのマメ知識を少々。 貴方の引き出しにしまっておいて損はありません。 さて、発泡しているワインの総称がスパークリングワインですが、本物のシャンパンのみフランス語で「シャンパーニュ」と呼びます。 シャンパンが製造される地域が、シャンパン地方だから、ということをご存知の方もワインファンには多いと思います。 その他の泡ものワインは全て「スパークリングワイン」とされるわけです。 国によって呼び方は様々、もちろんフランスのシャンパン地方以外の物もスパークリングです。  ① フランス=ヴァン・ムスー(ムスーとは泡の意味)  ② イタリア=スプマンテ  ③ スペイン=カヴァ ④ ドイツ=ゼクト などですが、スパークリングでも品質は幅広く、単純に泡を注入したレベルの低いものから、シャンパン同様の製法で造られた高品質の物まであります。 後者はシャンパンほど高価ではありませんが、シャンパンに負けない味わいの銘柄もあり、リーズナブルに楽しめます。 粗悪品はあまり見かけなくなりました。 その他雑学 フランスではクリスマスは家族と祝うのが通例なので、レストランによっては営業していない店、または常連様とお店の方だけのクリスマスだったりします。 クリスマスディナー目当てのパリ旅行はあまりお勧めできないかも。 道後 茶玻瑠のレストランはもちろん楽しく。元気に営業いたします。 地元のクリスマスディナーは如何でしょう。 新しい発見があるかもしれません。 写真は左から、スプマンテ(イタリア)のロゼ シャンパーニュ(フランス)のブリュット(辛口) 南アフリカのスパークリングです。 実は南アフリカは古くからワインを醸造している、歴史あるメーカーも多いのです。 ぜひ、トライしてみませんか?

Page top

ワインの会

2018.12.21

こんばんは。レストラン玻璃 ソムリエの篠崎です。

昨夜、当レストランではワインを楽しむ会がありました。毎月1度茶玻瑠が主催をしているものですが、ワインを楽しむ会と一口に言ってもお店・ホテルによって様々なパターンがあります。

当レストランの場合、私の個人的な見解ですがワインはもちろん、総料理長である塚原が手掛けるコース料理に圧倒されます。

更に、ワインを楽しむ会のサーヴィスを指揮するスーパーバイザーの川尻はメートル・ド・セルヴィス杯の優勝者でもあります。

そして、ソムリエの私がいるわけでして。。。

つまりは、ワインのみならず素晴らしいお料理とサーヴィスを是非とも多くの方に味わっていただきたいと思った次第であります。

 

IMG_20180201_154602

Page top

道後周辺

2018.12.20

花小路和食調理松下です。

今年平成最後の12月、皆様今年を振り返り、良い出会いはありましたか…。

私はお客様の素敵な笑顔に出会えてよかった一年でした。

さて、道後周辺にはお客様ご存知の松山道後には日本最古の温泉とも伝わる「別館飛鳥の温泉」もお立ち寄りの際には

外せない場所で、ひときわってやっています。

DSC_0605

 

 

 

 

 

 

更に道後商店街は道後温泉本館へと続く道後ハイカラ道り、店内には松山のお土産、地元の味、ご当地グルメが楽しめます。

のでお泊りの際は是非足を運んで見てわいかがでしょうか?

DSC_0604

 

 

 

 

 

長々となりましたが、私も茶玻瑠花小路調理スタッフとして日々精進していきたいと思います。

 

 

 

 

 

Page top

ご宿泊のご予約・お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

茶玻瑠へのお問い合わせはこちら

089-945-1321 受付時間  9:00~18:00 メールからはこちら